日大二で思い出したのですが…

(2021年11月追記あり)

日大二の話題?

昨日、日大二のことを書いていて、急に思い出したのですが…

 

 

 

色々あって、結局僕は中央大学附属高校(小金井市)に進学したのですが、

 

入学してしばらくたった頃、確か体育の時間だったと思います。

 

 

 

まだ一度も話をしたことのないクラスメートから、突然

 

「君、日大二高、受けなかった?」と話しかけられました。

 

 

 

なぜいきなり日大二の話題? と思いつつも

 

「え、受けたけど…」と答えました。

 

 

 

すると彼は

 

「君、受験番号、○○○番じゃない?」

 

と言うのです。

 

 

 

その通りです。

 

確かに僕は○○○番です。

 

 

ズバリ的中です!

 

 

これには驚きました。

 

 

 

え、なんで分かるの?

 

 

ひょっとして、この人、超能力者? 

 

 

 

本気で思った(笑)

 

 

 

すると彼は言いました。

 

「俺、○○×番」

 

僕と1番違いの番号(笑)

日大二の面接

つまり、僕と彼は日大二の入試会場で隣同士だったんですね。

 

そしてグループ面接(日大二は個人面接ではなく、グループ面接でした)では、

 

同じグループだったんですね。

 

確かに当時、中大附属と日大二を併願するのはよくあることでしたが、

 

それにしてもすごい偶然です。

 

 

 

そしてさらにすごいのは、入試会場における彼の【冷静沈着さ】です。

 

彼は受験本番でも【周囲を見回す余裕】があるほど、落ち着いていたんですね。

 

 

 

一方、僕は自分のことだけで精一杯(笑)。

 

隣を見る余裕などありませんでした。

 

 

 

特に面接の時は緊張のあまり、

 

かなり舞い上がっちゃった覚えがあります。

 

 

 

まあ、その時の面接における僕のダメダメぶりが、

 

彼の記憶に残ったんじゃないのかなとも思うのですが…

 

 

 

いや、なんか急に思い出したので書いてみました。

2021年11月18日追記

 

先日、生まれて初めての会場テストで「めちゃめちゃ緊張したっ」という生徒(受験生)が、

 

上記ブログにあるような「冷静沈着に、周囲を見回す余裕があるほど、落ち着く】なんて絶対無理!」と言っていたので、

 

ちょっと補足というか、追記を書いておきます。

 

 

 

 

話は日大二の合格発表時に遡るのですが・・

 

 

 

もちろん、インターネット発表なんてない時代です。

 

自分が実際に日大二に出向いて、掲示板に張り出されている受験番号を確認するんですね。

 

 

 

幸いなことに僕の受験番号はありました。(なんか、ホッとしたのを覚えています)

 

 

 

ただ、すぐに気付いたのですが、掲示されている合格番号が本当に【飛び飛び】で、連続しているところがほとんどないんですね。

 

僕の前後7~8名も、番号はありませんでした。

 

 

 

 

 

・・ですから、実は上記「僕と一番違いの受験番号」君も、日大二は残念な結果に終わってるんですね。

 

 

 

 

 

まあ、そんなわけで、

 

入試会場で【冷静沈着に、周囲を見回す余裕があるほど、落ち着いていた】からといって絶対に合格するというわけではなく、

 

もちろん【自分のことだけで精一杯】だったからといって落ちるというわけでもなく・・

 

 

 

とにかく入試に緊張はつきものですし、緊張しない方が不自然ですし、

 

一般的には、入試会場では冷静沈着になれない【周囲を見回す余裕はない】落ち着かない方が普通のような気がします。

 

 

 

 

 

ちょっと補足というか、追記を書いてみました。

関連ブログ(主宰者の個人的なこと)














日大二で思い出したのですが・・(←今お読みのブログ)