【立教・中大附属・日大二】はるか昔の高校受験

【早慶附属に全滅・・】

当塾についてページにも記載しましたが、僕はいわゆる早慶附属高校全滅組です。

 

 

 

結局、合格通知をいただけたのは、立教(現・立教新座)・中大附属・日大二の三校だけでして、

 

これは当時中三の僕にとって、相当な衝撃でした。

 

 

 

ただ、いつまでも落ち込んでばかりいられません。

 

落ち込みつつも、やらなければならないことがあります。

 

 

 

そうです。

 

進学先の決定です。

 

 

 

費用納入締切日の関係もあり、どこに入学するかを早急に決めなければなりません。

 

 

 

ここで僕特有の「困った事態」が発生します。

 

各高校の情報がないのです(手元にあったのは、それぞれの学校の入学案内くらい)

 

 

 

実は僕、立教高校も中大附属も日大二も、生まれて初めてその学校に行ったのが入試日当日という・・

 

 

 

まあ、なんというか、その、今となっては非常に反省をしているんですが、

 

当時は正直言って、三校ともあまりその存在を意識していなかったんですね。

 

 

 

これは完全に失敗でした。

 

今と違ってインターネットなどない時代です。

 

進学先を選ぼうにも、その学校のイメージが湧かないというのは致命的です。

 

いや、ほんと、文化祭や体育祭、少なくとも学校説明会には行っておくべきでした(後の祭り)

 

 

 

 

 

結局、塾の先生を始め、様々な方に相談をし、色々なアドバイスをいただきながら、

 

親の意見を取り入れつつも、自分なりに判断しました。

【立教高校!】

まず「セオリーで言えば立教高校!」との助言をいただきました。

 

今は立教大学と明治大学がMARCHトップの座を競い合っている感じですが(明治の方が上?)

 

当時はぶっちぎりで立教大学がMARCHナンバーワンでした。

 

そして立教高校は、よほどのことがない限り立教大学に内部進学できます。

 

 

 

ただ立教高校は、附属中はもちろん、附属小もあるんですね。

 

これが僕にとっては結構大きな問題でした。

 

 

 

世の中には、すぐに誰とでも親しくなれちゃうフレンドリーな人もいますが、

 

僕にはそこまでの社交性はないということもあり、

 

「人間関係がある程度出来上がっている世界」に入っていくのには、ちょっと抵抗がありました。

【中大附属?】

一方、当時の中大附属は高校単独校です。

 

内部進学の人はいません。

 

これには惹かれました。

 

 

 

また中央大学には法学部というところがあり、

 

塾の先生を含む複数の方から

 

「法学部、特に法律学科に行くと、立教より就職に有利だよ」

 

というアドバイスをいただいたこともあり、心は中大附属に傾きます。

 

 

 

さらに当時の僕は、経験したことのない「電車通学」というものになんとなく不安があり、

 

上記三校の中で、中大附属が唯一「自転車で通える高校」ということも魅力でした。

【日大二】

もちろん日大二も迷いました。

 

なにしろ日本大学には医学部があります。

 

そして、日大二は「毎年ほぼ必ず日大医学部に進学者がいる」日大附属高校でした(今もそうですよね)

 

 

 

とはいうものの、

 

医学部は

 

「日大二の中で、三年間ずっと学年三位以内にいる人」

 

が検討する学部との話を聞き、

 

聞いた瞬間に諦めました(笑) 

【中大附属に進学】

まあ、そんな感じで中大附属に進学したんですが、

 

入学してすぐに気付いた事は、

 

自分と同じ「早慶附属全滅組」が異様に多いこと。

 

(入学者の六割くらい?)

 

 

 

最初は知らない者同士ですから、休み時間とか会話もなく静かなのですが、

 

「どこの塾にいってたの?」なんて会話を経て、

 

すぐに「早慶附属全滅」という共通の話題をきっかけに親しくなるという(笑)

 

 

 

まあ、ゴールデンウイークが過ぎる頃には「全滅」のことなんて話題に出なくなり、

 

「中大附も悪くはないな」って感じで、高校生活に馴染んでいきました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに僕たちが卒業した後、さらに「全滅組」の比率が高くなり(八割近く?)

 

さすがに「ここまで不本意入学者が多いのは、いかがなものか」とのことから

 

第一志望者を対象とした「単願推薦制度」の導入が決定されたという噂を聞いたのですが、

 

ほんとなんでしょうか?

関連ブログ(主宰者の個人的なこと)




【立教・中大附属・日大二】はるか昔の高校受験(←今お読みのブログ)