幻の(?)テキスト

中学生の時、僕が通っていたのは私立高校受験向けの塾でした。

 

 

 

カリキュラムは完全に私立に向けてのもの。

 

学校の定期テスト対策等は一切してくれない、

 

純粋に私立一般入試に向けての授業でした。

 

 

 

当時ちょっとした私立高校(日大系以上と聞きました)は、

 

なぜか大学入試レベルの英文法を出題するということもあり、

 

英語はかなりのハイスピードで進みました。

 

 

 

僕の通っていた塾の場合、

 

なんでも最上位クラスでは、

 

中二の一月に最終単元(仮定法)を終了するとのことでしたが、

 

僕のいたクラスは「ゆったりとしたスピード」(塾の先生談)だそうでして、

 

中三の夏期講習で仮定法が終了しました。

 

 

 

もちろん僕にとっては、ちっとも「ゆったり」ではなく、

 

ほんと、ついていくのがやっとでした(笑)

 

 

 

ちなみにこの時の英語担当の先生は、

 

のちに某大学受験予備校でスター講師になる方でして、

 

今考えると、僕は非常に恵まれた環境にいました。

 

 

 

授業は、毎回毎回配布されるプリントを中心に進んでいったのですが、

 

これがなかなかによくできたプリントでして、全て過去問で構成されていました。

 

 

 

ただ、どうやらかなり昔に作られたものらしく、出典高校名に

 

麻布高とか

 

駒場東邦高とか

 

書いてあるんですね。

 

 

 

もちろん僕が高校受験生の時には、麻布も駒東も既に高校募集をしていません。

 

 

 

また

 

東京教育大学附属高

 

なんて書いてある問題もありました。

 

もちろん僕が高校受験の頃には、筑波大学附属高校です。

 

 

 

さらに授業が進むにつれて

 

ヒント ○○ページを参照 

 

なんて記述が出てきたりしました。

 

 

 

毎回配布されるのはプリント一ですので、そもそもページなんて概念はありません。

 

 

 

そこで僕はようやく

 

「どうやらこのプリントは、なにかのテキストをコピーしたものらしい」

 

ということに気付きました。

 

 

 

ただ結局、テキスト本体は配布されることはなく高校入試は終了し、塾も卒業となりました。

 

 

 

この「幻の(?)テキスト」については、その後もずっと気になっていて、

 

特に塾業界に入ってからは、教材カタログはもちろん、

 

教材展示会に顔を出す度に探していたのですが、分かりませんでした。

 

 

 

ところが先日です。

 

書店で偶然手に取った 新版 有名高校への英語 (評論社) という本に、

 

明らかに見たことのある問題が…

 

というか、見たことのある問題ばかり!

 

 

 

これだったんですね。 

 

いや、まさか市販の本とは思わなかった(笑)

 

 

 

「新版」と表示しているだけのことはあり、

 

東京教育大学附属高は、きちんと筑波大学附属高となっています。

 

(もっとも、麻布や駒東はそのままでした)

 

 

 

それと高校内容(現在完了進行形・過去完了・関係副詞・分詞構文・仮定法等)は「補充編」というタイトルになっており、

 

なぜか問題だけの掲載で出典高校名はカットされています。

 

 

 

長年心に引っかかってた謎が解明されたのは嬉しいのですが、

 

ずっと塾専用教材と思っていたので、まさか市販の本とは…

 

それとも塾専用教材が市販化されたのでしょうか?

 

周囲の方に聞いてみたり、僕なりにいろいろ検索してみたのですが、分かりませんでした。

新版 有名高校への英語 (評論社)
新版 有名高校への英語 (評論社)

 

それと、あのプリント、

 

そもそも著作権の方は大丈夫だったのでしょうか?

 

(違法コピーでないとは思いたいのですが…)

 

塾専用教材の場合、コピーは教材会社と話がついていることもあるとは思うのですが、

 

市販本の場合はどうなんでしょう?

関連ブログ(主宰者の個人的なこと)








幻の(?)テキスト(←今お読みのブログ)