電気がつかないという緊急事態が発生しました!

午後一時。

 

電気がつかないという緊急事態が発生しました。

 

それも、蛍光灯の一つがつかないというレベルの話ではなく、

 

入り口と第一教室の電気が、全てつかないという緊急事態です。

 

 

 

ブレーカーを見てみると、全部落ちてます。

 

慌てて「ブレーカーが落ちた場合」という表示に従ってブレーカーを上げていくのですが、

 

すぐに落ちてしまいます。

 

 

 

非常灯だけは復活したのですが、

 

残りは何をやってもだめです。

 

 

 

しばらく時間をおいて再チャレンジしてみるのですが、

 

やっぱり落ちてしまいます。

 

 

 

いろいろやったのですが、

 

結局ビルオーナー様に御相談し、

 

翌朝八時に電気工事店の方に来てもらうことになりました。

 

(本当はすぐに来てほしかったのですが、さすがにそれは無理とのこと。まあ、そりゃそうですよね)

 

 

 

 

 

ちなみに奥の第二教室や予備教室は別のブレーカーでして、

 

こっちは問題なく電気がつきます。

 

 

 

従って、第一教室の代わりに予備教室を使用し、

 

授業は実施することになりました。

 

 

 

とはいえ、入り口が暗い(非常灯だけ)というのは、

 

ものすごく不自然です。

 

 

 

宅配便の方も、不思議そうな、困ったような顔をしています。

 

(もちろん事情を説明するのですが、こういう日に限って、なぜか宅配便が三件も‥)

 

 

 

生徒も戸惑うであろうと思い、

 

授業予定の生徒宅に連絡し、あらかじめ事情を説明しておきました。

 

 

 

 

 

授業が成立するか不安だったのですが、

 

生徒は意外に冷静で、来た時こそ

 

「ほんとだっ。暗っ」などと叫んでいたのですが、

 

すぐにいつも通りの授業風景になりました。

 

 

 

翌朝八時。電気工事店の方に来ていただきました。

 

なんでも漏電ブレーカーが壊れている

 

(漏電しているのではなく、漏電ブレーカーそのものが壊れている)とのこと。

 

 

 

(特に当塾の使い方が悪かったわけではないそうです)

 

 

 

新品に取り替えてもらい、一件落着となりました。

 

 

 

いや、ほんとご迷惑をおかけしました。

 

また、生徒の皆様の冷静さにも助けられました。

 

(正直言って、あんなにすぐに「いつもの授業風景」になるとは思いませんでした)

 

 

 

ありがとうございました。