都立高校入試対策 数学

共通問題

前回のブログ(2019年春の結果です)で、「全員に勢いがありました」などとやや抽象的なことを書きましたので、

 

今回は都立高校入試対策授業 数学(共通問題)を例に、ちょっと具体的なことを書いてみます

 

 

 

当塾の場合(他塾さんもそうだとは思いますが)、基本的に入試直前期は過去問演習となります。

 

実際に過去問を解いてもらい、都立高校特有の問題構成を身をもって実感してもらってます。

 

 

 

数学(共通問題)に関しては、当塾では平成15年度(大問2が現在のパターンになった年!)の過去問から解いていきます。

 

もちろん平成27年度まではマークシート方式ではないので、予めその旨を生徒に説明した上で解いてもらいます。

 

以下、標準的な学力(学校成績3程度)の生徒を念頭に置いた記述です。

大問1

いわゆる小問集合です。

 

問1~問8(各5点配点)・問9(6点配点)

 

なお、問9は作図です。

 

ここは46点満点を取りにいきます。

 

実際には素数に戸惑ったり(平成15年度・問7)、作図が難しかったり(平成21年度・問9)して46点が取れない年もあるのですが、

 

とにかく46点を取りにいきます。

 

もちろん、生徒によっては特定分野をすっかり忘れている場合もあるので

 

(なぜか「資料の散らばり」を忘れている生徒が多いです)

 

そのような時はいったん過去問演習を止め、補助プリントで当該分野の知識を再確認した後、過去問演習に戻ります。

大問2

先生や生徒が問題を作るという設定の長文問題です。

 

ここは問1(5点配点)のみチャレンジです。

 

問題形式に慣れてしまえばあっさりと解けるのですが、どうも最初は取っつきにくく感じるようです。

 

例年、五年分(平成15年・平成16年・平成17年・平成18年・平成19年)ほど過去問をこなすと、問題形式に慣れてくれる感じです。

 

なお、問2はスルーです。(スルーするのは良くないこととは思うのですが、この問2って学校成績4以上の生徒を対象にしているような気がします)

大問3

関数問題です。

 

問1(5点配点)・問2①(5点配点)で10点を取りにいきます。

 

問2②以下はスルーするというわけではないのですが、

 

標準的な学力の生徒にとってはやや難しい問題が多くケースバイケースです。

大問4

平面図形です。

 

問1(5点配点)は原則として角度問題です。ここは確実に取りにいきます。

 

そして問2①(7点配点)の三角形の証明問題です。

 

証明そのものは基本的なのですが、生徒によっては合同にしろ相似にしろ、三角形の証明問題を忘れている場合もあるので、予め補助プリントを用意しておきます。

 

補助プリント経由の場合、少々時間はかかりますが、入試までには7点満点が取れるようにはなります。

 

問2②以下はケースバイケースです。

大問5

空間図形です。

 

年度によっては、問1もスルーです。

まとめ

まあ、例年こんな感じで標準的な学力(学校成績3程度)の生徒でも、

 

入試本番でなんとか73点を取れるように頑張ってもらっているのですが、

 

実際には一問~二問ミスしてしまい63点~68点となってしまったり、

 

逆に大問3の問2②や大問5の問1まで解けてしまい83点だったりと、

 

同じ学校成績3程度の生徒でも、どうしても個人差が出てしまいます。

 

難しいところです。